大川家具 有限会社岡製作所
大川家具 岡製作所 トップページ 大川家具 岡製作所 商品案内 大川家具 岡製作所 制作ポリシー 大川家具 岡製作所 会社案内 大川家具 岡製作所 アクセスマップ
大川家具 岡製作所 会社案内ダウンロード
大川家具 岡製作所 会社案内
会社概要

有限会社岡製作所会社名:有限会社 岡製作所

郵便番号:832-0089
住所:福岡県柳川市田脇301-5
電話番号:0944-73-8898
FAX番号:0944-73-8343

 

設立年月日:昭和33年5月
資本金:300万円
代表者:代表取締役 岡 英明
従業員数:22名
事業内容:木製家具の製造
取引銀行:福岡銀行大川支店、大川信用金庫川口支店、福岡中央銀行大川支店、西日本シティ銀行大川支店
営業時間:8:30~17:00(日曜・祝日、盆・年末年始を除く)

会社沿革
昭和5年8月 現社長の曾祖父、岡 松太郎(明治19年1月2日生)が大川市榎津にて岡製作所を創業。
創業当時は国内産の木材を加工して、おもに座卓の製造を行なう。
昭和33年5月 現社長の祖父、岡 真司(大正5年8月6日生)が同所にて有限会社岡製作所を設立。
当時は小型の食器棚や学童デスクの前身とも言えるホームデスクなどの製造を行なう。
昭和40年代 ベビータンス(当時は育児タンスの名称)の製造を開始。
昭和50年代 若年層向けのチェストを主としたカジュアル家具の製造を開始。
ベビータンスとカジュアル家具が主な生産品目に成長する。
昭和58年1月 大川市一木に工場移転。
昭和60年5月 前社長、岡 徳司(昭和21年10月26日生)が代表取締役に就任。
昭和61年12月 柳川市田脇に工場用地約3000m2を取得。
昭和60年代 北米産のロッジポールパイン材を使用したカントリー家具の製造を開始。
平成元年5月 本社・工場を現在地の柳川市田脇に新設移転する。
平成3年6月 本社工場隣接地に工場用地約2700m2を取得。
平成9年4月 本社工場に隣接して前板加飾部門のNC工場を新設する。
岡製作所とリンゴの木

リンゴの木2001年11月にリンゴの苗木を10本購入し、本社工場に隣接した部材加工工場につながる道路に沿って2~3m間隔に植えました。植木を購入する際、当初は桜の 木を予定していたのですが、桜の苗木の横にリンゴが並べて売られていました。リンゴは関東地方以北の寒冷地か標高のある高地でしか栽培できないと思い込ん でいたので意外でしたが、聞けば案外簡単に育つとのことで、当社のメーカーブランドマークでもあり、即座に購入を決めました。

 

50~60cmの10本の苗木の内、1年もたたずに1本は枯れてしまいましたが、その他の9本は2mぐらいの高さに育っています。2年目からは4月に可憐 な花を咲かせています。蕾の時はピンクですが開花すると純白の花びらを見せてくれます。リンゴの樹種は王林と津軽の2種類ですが、花はどちらも同じに見え ます。

 

6月の初め、花はしぼみますが、そのほとんどの根元がぐんぐん膨らんで実を結びます。5年目を迎えた今年は一枝に10個以上の実がなるような状態で、 2~3個程度を残して間引きしなければならなくなりました。9月初め、大きいものは直径10cm程に実が育ち、植樹をして初めての収穫をしました。味は甘 みもありますが、渋みが強くまだまだ生で食するには年月を要するようです。しかし、リンゴジャムにしたら繊維質が程よく残り大変美味しくなりました。

 

2006年9月17日の台風13号は、添え木で補強したにも関わらず、リンゴの木1本の根元を折り添え木ごと吹き飛ばしました。また、残った8本 の葉っぱもほとんど枯れたような状態になっています。これから秋も深まり、やがて初霜の季節に移りゆきますが、来年また可憐な花が楽しめますよう施肥など の世話をしなければと考えています。来年以後のリンゴの成長は、またいつか当ネット上にてご報告申し上げます。